• 2016.3.24
  • 「GLP吹田」、サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)に採択 はコメントを受け付けていません。

「GLP吹田」、サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)に採択

GLP吹田

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は、5月に着工予定の大型物流施設「GLP吹田」が、国土交通省の「平成27年度(第2回)サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」において、物流施設として初めて採択されたと発表した。

サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)とは、CO2排出量が増加傾向にある中、省CO2の実現性に優れたリーディングプロジェクトとなる住宅・建築プロジェクトを公募によって募り、予算の範囲内において、整備費等の一部を国が補助し支援するもの。

「GLP吹田」は、200年の継続利用を目標に、免震構造の採用、フル・プレキャスト化BIMの活用により、建設時のCO2排出にも配慮した。その他、多層式車路の3D換気システムを採用。具体的には各階を縦につなぐ煙突状のダクトを設置し、チムニー効果による自然換気と自然風を利用した水平換気によるファンの稼働時間を削減し、CO2排出量およびエネルギー使用量削減を図る。
また、全館LED照明、浄化槽排水の中水利用や太陽光パネルの設置するなど、環境に配慮すると同時にBCP対策にも対応する。

国立研究開発法人建築研究所の「平成27年度 第2回サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)の評価結果」では、以下のように評されている。

 

物流施設のエネルギー消費特性に合わせた照明設備や換気設備等の様々な省CO2技術、大規模太陽光発電を採用し、ゼロエネルギービルの実現を目指すほか、フルPC化、BIMの活用など建設時の省CO2にも積極的に取り組むもので、物流施設のフラッグシップとなる可能性が期待でき、今後の波及、普及につながるものと評価した。

【出典】

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ プレスリリース 2016-03-24
グローバル・ロジスティック・プロパティーズ
「GLP吹田」、サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)に採択

 

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る