• 2016.2.15
  • クラウドベースの建築プロジェクト向けコラボレーション・サービスA360 はコメントを受け付けていません。

クラウドベースの建築プロジェクト向けコラボレーション・サービスA360

A360

オートデスクは、クラウドベースの建築プロジェクトのコラボレーション・サービス「Autodesk® A360 Collaboration for Revit®」(日本語版)を、2月15日に発売した。

プロジェクトに関わるメンバーや関連データを一元管理して、さまざまな設計業務のコラボレーションを円滑に行えるようにする。メンバーは関連データを作成・共有しながら作業を進めたり、チャット機能でリアルタイムにメッセージを交わして意思疎通することも可能。ワークシェアリングをクラウド上で行うため、WAN経由でワークシェアリングを行うRevit Serverのとは違い、サーバー用のハードウェアの購入やその管理も不要となる。さらに、社内ネットワークに外部の関係者を招待するようなセキュリティ・リスクもない。

本サービスを利用するには、Revit 2015 または Revit 2016 のライセンス が必要。

価格は、1メンバーあたり、3カ月:49,680円、1年:131,760円、2年:263,520円、3年:395,280円。

 

■主な機能

(1)プロジェクト作成と関連データの共有

•簡単な操作でプロジェクトを設定・運用が可能。設定できるプロジェクト数に制限なし

•Autodesk Revitプロジェクト・ファイルを、クラウド上で複数メンバーで同時に編集 作業が 可能

•BIMデータや設計図書は、組織をまたいで一元管理され、メンバーは常に最新のデータを利用した作業が可能

•100種類以上の2D/3Dファイルやドキュメントの閲覧、検索、共有をサポート

•アクセス権限を使用して、プロジェクト・データの保存場所や公開範囲を制御可能。使用できるデータ容量は、1メンバーあたり10GBの容量換算で、チームで合算した容量

•Revitファイルから「A360 Team」(当社の設計プロジェクト運用/管理サービス)にパブリッシュするビュー/シートを選択可能

•A360 Collaboration for Revitで同期されたファイルのバージョン履歴管理と、以前のバージョンの復元が可能

(2)メンバー間のコミュニケーション支援

•Communicator for Revit機能を使用して、リアルタイムのテキスト・チャットや画面ショットの共有が可能。必要なときに直接コミュニケーションを取れるようにして円滑な共同作業を支援

•使用する端末を問わず、PCやMacのWebブラウザ、あるいはモバイルデバイス用のアプリ(iOS用、Android用)を使用して、パブリッシュされたRevitモデルを閲覧可能

 

【出典】
オートデスク プレスリリース
建築プロジェクト向けコラボレーション・サービス
「Autodesk A360 Collaboration for Revit」(日本語版)を2月15日から発売

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る