• 2016.2.10
  • マウスコンピュータ、BIM-VR開発などの高負荷描画演算用途に最適な、ハイエンドワークステーションを発売 はコメントを受け付けていません。

マウスコンピュータ、BIM-VR開発などの高負荷描画演算用途に最適な、ハイエンドワークステーションを発売

MousePro W400シリーズ

マウスコンピューターは、法人専用パソコンブランド「MousePro」で、最新のSkylakeアーキテクチャを採用するインテルXeonプロセッサー E3-1200v5 シリーズを搭載、NVIDIA Quadro M5000やGeForce GTX TITAN XのデュアルGPU構成に対応した、3DCG/3DCAD/BIM-VR開発/映像編集などの高負荷描画演算用途に最適な、ハイエンドワークステーションを2月9日発売した。

 

MousePro W400シリーズ製品ページ
.

新製品の特長

インテル® Xeon® E3-1200v5 シリーズを搭載する、最新のワークステーションプラットフォーム

高速な PCI Express x4 接続のM.2スロット、Gen3対応のPCI Expressスロット、Gen2対応のUSB3.1ポートなど、最新仕様の高性能デバイスに対応します。さらに、環境移行が難しい旧来型周辺機器との接続など、レガシーデバイスの活用時に重宝するPCI 32bitスロットを2レーン搭載、用途や導入環境に合わせて柔軟なカスタマイズが可能です。

NVIDIA® Quadro® M5000 / GeForce® GTX TITAN X など、高性能GPUラインアップに対応

3DCG/3DCADやBIM-VR開発、映像編集用途に最適かつ信頼性に優れた NVIDIA® Quadro® シリーズ、NVIDIA® CUDA™ を利用したGPUコンピューティングやGPGPU用途に最適な上位の GeForce® シリーズを搭載可能です。最新のワークステーションプラットフォームと組み合わせることで、先の用途を含む高負荷処理において、極めて快適な描画レスポンスを実現します。

ECCに対応する最大64GBのDDR4最新規格メモリを搭載

高負荷状態での安定性維持に貢献するECC(エラー訂正機能)対応メモリを全容量で標準搭載、特に大容量メモリを必要とする3DCADや構造計算、高解像度映像編集に最適です。

高速なSSDストレージを豊富なメニューから柔軟に構成可能

PCI Express x4 接続の M.2-SSD や、2.5型SSDのRAID-0に対応、起動/終了からあらゆるアプリケーションの動作が快適になることはもちろん、3Dモデリングや映像編集における大容量データ処理の遅延原因になるストレージのボトルネック問題が大きく改善されます。

最新の高速インタフェース 「USB3.1」 を2ポート搭載

理論値上、USB3.0の2倍である10Gbpsの転送速度を実現します。USB3.1であれば、SSDを外付けした際に、その性能を最大限に発揮できるため、短時間での大容量データ移動はもちろん、直接編集してそのまま持ち運ぶなど、利用シーンやポリシー次第で利便性に優れたワークフローを実現します。

.

【出典】

マウスコンピュータ ニュースリリース 2016.02.09
MousePro、最新の Skylake Xeon-E3v5 CPU搭載 デュアルGPU対応ワークステーション発売
~ 安心の国内生産・国内サポート、3DCG/3DCAD/BIM-VR開発/映像編集に最適 ~

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る