• 2016.4.19
  • 大林組、BIMとiPadを活用した建物維持管理ツール「BIMobile」を発表 はコメントを受け付けていません。

大林組、BIMとiPadを活用した建物維持管理ツール「BIMobile」を発表

BIMobile

大林組は、ラティス・テクノロジーの協力のもと、BIMとタブレットを活用した建物維持管理業務の支援ツール「BIMobile」を開発した。
同社が提唱する、BIMデータベースを核とした業務プロセス「スマートBIM」を支える柱の一つとして、ニーズに合わせてカスタマイズしながら積極的に提案していくとのこと。

建物維持管理業務には竣工図書が活用されることが一般的だが、点検時に携帯することは難しく、かつ必要な情報がすぐに引き出せないという問題があった。
BIMの活用も期待されていたが、データの巨大さや習熟の困難さから、タブレット等での利用は困難だった。

「BIMobile」は、XVL技術を用いて軽量化したBIMの3Dモデルと、モデルにひも付いた属性情報をiPadで参照できるだけでなく、写真や点検記録などの追加情報を入力することも可能とした。追加情報はEXCEL形式でサーバーに保存され、点検項目の設定や追加なども行えるようになっている。

「BIMobile」の主な特長は以下のとおりです。

1.3Dモデルの軽量化と属性情報の継承によりBIMモデルを一貫利用

大林組は自社で設計・施工を行う全プロジェクト、また、他社が設計するプロジェクトの約8割の施工において、BIMを活用しています。こうした設計または施工段階で作成したBIMをもとに、維持管理業務などで扱いやすいよう軽量化した3Dモデルを作成し、さらに、BIMが持つ建物のさまざまな属性情報を携帯タブレット用にデータベース化することで、この3Dモデルと属性情報を連携させて利用することができます。

2.iPadを活用して点検業務を効率化

建物内の巡回の際に携帯タブレットを携帯すれば、実物と3Dモデルとを見比べながら、点検対象となる構造躯体、仕上げ、建具、設備機器などの、仕様、材質、基本性能やメーカーなどの情報を検索したり、図面や取扱説明書などのドキュメントを閲覧したり、過去の点検記録や不具合記録を参照したりすることができます。また、あらかじめ設定した項目に沿って点検したり、気付いた点をメモしたり、携帯タブレットのカメラで撮影した写真を関連付けたりすることも可能であり、点検業務の効率を飛躍的に高めます。

3.情報の追加入力などの操作が容易

軽量化した3Dモデルや属性情報のほか、点検記録などの追加情報はサーバーに保存します。追加する情報はEXCEL®のファイル形式であるため、必要な情報の追加や削除、点検項目の設定や追加などを行うに当たり、専門的な知識を必要としません。EXCELファイルに蓄積された点検記録などのデータは、EXCELの機能を活用することで、短時間で任意書式の報告書として出力することが可能です。

【出典】

大林組 プレスリリース 2016.04.18
BIMを活用した建物維持管理ツール「BIMobile®(ビーモバイル)」を開発
携帯タブレットを活用し建物の維持管理業務を効率化・高度化

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る