• 2016.2.24
  • ARCHICADから一貫構造計算ソフト「Super Build/SS3」へエクスポートするアドオン はコメントを受け付けていません。

ARCHICADから一貫構造計算ソフト「Super Build/SS3」へエクスポートするアドオン

SS3 Converter for ARCHICAD

グラフィソフトは、ARCHICADで作成したBIMモデルを、ユニオンシステムの一貫構造計算ソフトウェア「Super Build/SS3」へエクスポートするアドオンソフト「SS3 Converter for ARCHICAD」を、2月22日より提供開始した。

「SS3 Converter for ARCHICAD」ページ

「SS3 Converter for ARCHICAD」は、ARCHICADモデル内の構造部材を認識し、Super Build / SS3の部材として変換する。変換する条件は部材変換設定で決めることができ、エクスポートする際には変換範囲をフロア単位で設定できる。構造計算に必要なモデルのみをエクスポートするために、ARCHICADの「レイヤー設定」および「躯体表示」機能を活用して、変換する要素をフィルタリングすることが可能。
意匠設計者と構造設計者の間で、BIMデータを活用したより効率的なワークフローを実現する。

 

【参考】

Super Build / SS3

OPEN BIM / 構造のワークフロー

【出典】

グラフィソフト ニュースリリース 2016/2/22
一貫構造計算ソフトウェア「Super Build/SS3」へのエクスポート用アドオンソフトを提供

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る