• 2016.4.6
  • ARCHICADのアドオン「天井オブジェクト作成ツール」、VIPサービスで提供開始 はコメントを受け付けていません。

ARCHICADのアドオン「天井オブジェクト作成ツール」、VIPサービスで提供開始

天井オブジェクト作成ツール

グラフィソフトジャパンは、VIPサービスの専用コンテンツとして、ARCHICADのアドオンツール「天井オブジェクト作成ツール」を、4月4日より提供開始した。

東日本大震災で、多数の建築物において天井が脱落し、かつてない規模で甚大な被害が生じた実態をふまえ、天井の脱落対策に係る基準が新たに定められ、新建築物等への適合が義務付けられた。
このため、ARCHICADでは新たに「天井オブジェクト」を加え、BIMを活用した天井仕上げおよび下地の効率的な作成を可能とした。これにより、Solibri Model Checkerを活用した干渉チェックなど、新しい天井設計ワークフローを実現する。
対応するバージョンは、ARCHICAD 19、ARCHICAD 19 Solo、ARCHICAD 18、ARCHICAD 18 Soloで、VIPサービスページよりダウンロードできる。

紹介動画

天井オブジェクト作成ツール:天井仕上の作成

天井オブジェクト作成ツール:天井下地の作成

天井オブジェクト作成ツール:干渉チェックワークフロー

 

【参考】

Solibri Model Checker

 

一般社団法人 建築性能基準推進協会
「建築物における天井脱落対策に係る技術基準の解説」

 

【出典】

グラフィソフト ニュースリリース 2016/4/4
ARCHICADのアドオンツール 「天井オブジェクト作成ツール」を提供

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る