BIMとは。

01bimpedia

BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略で、コンピュータ-上に作成した建築3Dモデルに、仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせた画期的なシステムです。

従来の2DCADによる設計手法は、平面図、立面図、断面図などの図面を1枚1枚べつべつに作成していました。しかしBIMでは、プロジェクトを建築3Dモデルとして作成します。そのひとつのモデルから平面図、立面図、断面図などを生成するため、図面間の不整合は発生しません。また、変更があった場合、2DCADでは関連する図面をすべて修正しなければなりませんでしたが、BIMではモデルを変更するだけで、関連する図面もすべて自動的に変更されます。また、面積もモデルから自動集計するので、壁の位置変更に対してリアルタイムで変更されます。

BIMを導入すると、今まで大変な手間をかけていた不整合図面の修正や、面倒な面積計算がなくなり、デザインや詳細の検討など本来の設計業務に集中できます。
面倒な作業はパソコンに任せましょう。

160121

上図はBIMによる設計の事例です。
これらの図面はひとつの3Dモデルから生成されているので、常に整合性がとれています。

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る