• 2017.2.27
  • 久々にrevitのテキスト発見! はコメントを受け付けていません。

久々にrevitのテキスト発見!

51z2IGnABqL._SX352_BO1,204,203,200_

#BIM #Revit #CAD #3DCAD
平面図からはじめるBIM
久々にrevitのテキスト発売!
―――――――――――――――――
日本BIM普及センター事務局です。
今回はセミナーのお知らせ。

■久々にrevitLTのテキストが販売されてました。
はじめてのAutodesk Revit&Revit LT 2017対応 実践! BIM入門ガイド
https://goo.gl/m9T628
情報遅くてすみません、昨年12月の発売です。

以前、テキストとして販売されていた分の最新版という位置づけのようです。

きちんと3Dのこともありますし、ファミリについてもまとめてあります。
是非手にとってご覧いただければと思います。
■revit学習前セミナーを開催しました。
2月20日に「【東京】BIMを学び始めるその前に」というタイトルで、目黒にあるフェローズにてBIM-revitのセミナーを開催しました。
https://www.fellow-s.co.jp/academy/seminar/bim/

人数はすくなかったのですが、非常に充実したセミナーを開催できました。
今後はハンズオンセミナーも視野に入れつつ、様々な取り組みを検討して参ります。

■「Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門」で利用するデータについて
使用しているデータはこちらからダウンロードできます。
http://bim-center.net/dldl
その際、お名前やメールアドレスをいただいていますが、フォローアップのために最小限のお知らせをするためであり、それ以上の意図はありません。amazonの書評でメルアド集めている悪徳業者のような書かれ方をして、大変残念です。
実際、ダウンロードできないだとか、テキストの質問からの誤植などがあれば、配信希望者にはお知らせするだけのためのものです。
個人情報の敷居が高くなっているのは仕方ないことですが、必要以上に防護壁を貼らねばならないのは悲しいことですし、本末転倒な事態だと思っています。

情報配信については、このメルマガが中心となっています。不要な方は、登録を削除してくださいね。
◆このメルマガは、日本に広くBIMを導入するためにどうすべきかを考えた結論として、平面図作成から入るべきだと考え、それを広めるために日本BIM普及センターを立ち上げた有志のメンバーによるものです。
当センター代表の山形雄次郎のBIMテキスト「Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門」がお手元にある前提で、このメルマガで解説していくスタイルですすめます。
バックナンバーはこちら
http://bim-center.net/category/revit30
使用しているデータはこちらからダウンロードできます。
http://bim-center.net/dldl

◆まだお手元にない方は、是非、書店やアマゾン等でお買い求めいただきますようお願いします。amazonはこちらから。 http://goo.gl/fxm7cM

また皆様のご友人にもこのメルマガを広めていただけるとうれしいです。
http://bim-center.net/mm
このメルマガは月曜日15時の定期便とそれ以外は不定期便でお送りいたします。
◆バックナンバーは本サイトで公開しています。

▼日本BIM普及センター事務局
▼revitman@bim-center.net
『melma!』から配信します。
http://bim-center.net/mm
(C) 2017 日本BIM普及センター all rights reserved.

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る