Revit®とArchiCAD®

BIM160112revit

Revit®よりArchiCAD®が優勢?

セミナーの参加者の中には、ArchiCADを使っているゼネコン設計部の方も結構おられます。ゼネコンによってはたしかにArchicadがメインの会社もあり、スーパーゼネコンであっても私どものBIMの導入講演にお越しになることもままあり、その背景に興味があります。

予想するに、その多くはArchiCADをメインにして始めたんだけれども、海外ではRevitを利用しているほうが多いので、Revitもやり始めなければならない背景があるのではないでしょうか。

Revitは、取っつきにくいアプリケーションなので、BIMの草分け的存在のゼネコン設計部でも、その運用にはてこずっているようで、当センターとの情報交換には積極的です。BIMとくにRevitについては、まだまだ潜在ニーズがあるように感じています。

また、RevitはAutodesk社製ですので、AutoCADと一緒にパソコンにインストールされているせいで、その販売数は多いのですが、実際に使われているBIMソフトとしては、ArchiCADに押されているように思います。

しかし Revitは最もBIMらしく、同期されるデータベースを運用、マスターすればとても便利なツールです。

ただ、最初のハードルが高く、比較的扱いやすいArchiCADをBIM導入ソフトに選ぶ人の方が、Revitよりもやや多いのが現状です。

当センターのミッションはそこにあります。

 

多くのヒントがある導入セミナーはここをクリック

 

 

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る