経営者向け・設計担当者向けBIM導入セミナー

revit160920-fw

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
今後は個別対応いたします。以下の内容にご興味の方は、当センターまでご一報ください。ご連絡はこちらまで。


図面が連動しないCADに矛盾を感じている設計者・経営者の方へ

book

いったいいつまで、立面図を直して、建具リストを同じように直す、全く手描きだったことをCADでやり続けるのでしょうか。ひとつの建物でひとつのファイルしかないBIMではあり得ない作業です。

BIM(AutodeskRevit)は取り扱いがわかりにくく、3Dモデリングにしか使っていない設計事務所・ゼネコンも多いようですが、使い方次第で工程削減、業務改善、労務環境改善の可能性があるアプリです。

私、山形雄次郎は、Revitを利用して劇的な工程改善を行っている設計者として、Revitのテキストとして国内3冊目となる「AutodeskRevitではじめるBIM実践入門」を上梓しました。(写真)

このテキストの画期的な点は、BIM=3次元ということをいったん横に置き、まずCADで描いていた平面図をBIMにリプレースするというシンプルなアイデアで書いている点です。

 

3次元を捨て、現在の業務を平面図からBIMに切り替えるbim%e5%b0%8e%e5%85%a5%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc

この逆転的な発想こそが日本にBIMを根付かせる唯一の方法だと考えています。

この方法でのBIMの導入は、まだ日本では行われていませんが、手描きをCADにリプレースしたその手法がそのまま、CADからBIMにつなげる方法だと言うことは、経験のある方であればピンとくるはずです。

BIMによる労働生産性の向上は、次世代の可能性を感じることができるでしょう。平面図と建具リストが連動している気持ちよさは一度体感すると元には戻れません。

是非、その導入プロセスと効率性をお聴きください

そこでこのたび、このことをお伝えしたく、設計者・経営者向けのセミナーを開催いたします。

加えて、BIMを導入する上で獲得可能な助成金や補助金、設計事務所にありがちな労務トラブルについてもミニセミナーを同時開催します。

大きな時代の変化がすぐそこまで来ています。まずはこのセミナーでキックオフしていただきたい。
そのためには、設計事務所では所長クラス、設計部長などの、BIM導入決裁権のある方にこそ理解していただかなくては始まりません。既に拙著で平面図から始めるBIMは、その門戸が開かれました。ここからはじっくりですがBIM導入のスピードアップが始まると考えています。
忙しい今だからこそ、次の手を打っておきたい。それが業務改善の切り札であるBIMであり、そのための助成金です。

私は、あなたに会って、このことをお伝えしたい。そう願っています。

yy

 

日本BIM普及センター 代表 山形雄次郎

 


経営者なら知っておきたいBIMの話
経営者向け・設計担当者向けBIM導入セミナー

日時:9月20日14時~16時(その後、個別相談にも応じます)

内容:
1.「経営者なら知っておきたいBIMの話」
BIMの概要、現状、導入のメリット等について具体的に詳しく説明
2.「経営者なら知っておきたい労務問題、労働トラブルのリスク」
労務問題、労働トラブルの現状についての説明
(労働審判制度で1人当たり400万円の未払残業代支払い義務が発生するリスクなど)
3.「経営者なら知っておきたい助成金、補助金」
設計事務所でも使える助成金や補助金の紹介(労務関係に問題がない場合)

場所:親交セミナールーム:東京都千代田区飯田橋3-11-14GS千代田ビル3階
http://bim-center.net/aboutus

費用:2,000円(現地でお支払いください)

 

 

 

 

 

 

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る