• 2016.4.19
  • Vectorworks BIMlog、Architect解説講座:第14回「ストーリ(2015以降)」を公開 はコメントを受け付けていません。

Vectorworks BIMlog、Architect解説講座:第14回「ストーリ(2015以降)」を公開

BIM_関連情報

Vectorworks BIMlogのArchitect解説講座で、第14回「ストーリ(2015以降)」が公開されました。

今回は、2015からダイアログの中身や設定が変更された、ストーリ(建物の階)についての紹介です。

『テンプレートファイルを使用して、「腰壁天端」という仕上げレベルを「床仕上げ+1200mm」の高さで1階に追加』する事例が、下の3つのパートで、ダイアログ毎にステップ・バイ・ステップで説明されています。

▪レベルタイプ
▪ストーリレベル初期設定
▪ストーリレベルの追加、編集

なお、ストーリの考え方や設定方法は、連載第1回に、以下のような内容で紹介されています。

▪ストーリの考え方
▪ストーリとストーリレイヤ
▪ストーリの高さとレベルタイプ
▪ストーリの作成(2階建ての場合)
▪ストーリレイヤ初期設定の確認
▪基礎のストーリ作成
▪1階のストーリ作成
▪2階のストーリ作成
▪屋根のストーリ作成
▪ストーリレイヤの確認
▪まとめ
▪ストーリの編集
▪ストーリの移動
▪デザインレイヤにストーリを割り当てる
▪ストーリレイヤ初期設定の編集
▪ストーリレイヤ初期設定の追加

【出典】

Vectorworks BIMlog 2016年4月18日
Architect解説講座:第14回「ストーリ(2015以降)」

Comments

comments

関連記事

ページ上部へ戻る